まずは普段からの信頼関係が大切です

貯金がないがどうしても数十万円というお金が必要になったら、とにかく途方にくれてしまうと思います。私はまず考えられうる最悪の状態を受け入れ、自分をまず冷静にする作業から始めます。錬金術でも使えれば、本当にいいなと一瞬、夢想してしまいますが、現実を受け入れてまず自分に何ができ、どうするべきか冷静な判断ができる普段の自分の状態にするという事が何よりの対処法と考えます。人によって様々な環境の違いがあるので、答えは一つではないと思います。

具体的には、私であれば、まず親兄弟に相談するべきではないかと考えます。それから、限られた友人。彼らに相談した結果、金融からの融資を選択しなくてはならない事になっても、まずは、相談するところからではないかと考えます。もちろん、消費者金融等などの利用により、自己の責任の下でしっかりと自分自身でプランしていくという事も素晴らしいと思いますが、自分の中だけの判断をする事によって、後々問題を抱えてしまう可能性を考えられるからです。

そこで最も重要だと思うのが、親兄弟や友人らから、実際にすぐにお金を借りられる可能性や、本当に有益なアドバイスをもらえる様になるのも、普段からの相互、信頼関係からではないかとも考えます。何か、突然の問題を抱えてしまう事は、誰しもに起こる可能性があると思います。あまりにも工夫がないかもしれませんが、最大の対処法とは、やはり普段からの人との信頼関係をしっかり作っていく事が、こういった金銭的な問題においても一番の対処法になりうるのではないかと考えます。”

急に現金で支払わなくてはいけないときにお金をつい借りてしまいます

子供が3人いる主婦です。今まで小さかったのであまりお金もかからず家計が苦しくなることはなかったです。しかし中学に上がると塾や部活でお金がかかるようになってきました。それでも義務教育ですから優遇されていますよね。

ところが高校生になるとそうはいきません。私立の高校でスポーツをしていたわが子たちは部活動でものすごいお金がかかりました。ユニフォームや道具がかかりましたね。野球部で強豪チームでしたので大変でした。遠征費もすごいんです。週末になると必ず遠征費の封筒が回ってきます。1回で4万円なんて少ないほうでした。連休の遠征なんておそろしい金額が書かれていました。

もちろん現金で用意しなければなりません。ですから貯金を崩して用意していましたが、想像よりもはるかに支払いが多くなってしまったのです。主婦でも借りられるカードローンを使ったのはそのころからです。利息はかかりますがしょうがありません。簡単に現金が下せるのでついつい使っています。便利ですよね。

甥っ子達の為にお金が欲しい!!

私は独身で、4歳と2歳になる甥っ子がいます。結婚の予定や子供を産む予定もないので、二人を大切にしたいと思っています。

よく遊びや世話、幼稚園の送り迎えをするときもあるにですが、いつも思うことは、二人には良い教育を受けてほしいと願っています。

そして楽しいことをし、視野を広げて将来いろいろな方向で生きて行けるようにlなればと母親のように考えてしまいます。

4歳の甥っ子はとても4歳と思えないような言葉使い、周りの人に対する気づかいをしてくれます。私の母、つまりおばあちゃんに「おばあちゃん、ここ段差があるから足もと気をつけて」と言ってくれます。

今、私立の某幼稚園に行っているのですが大人の話にも入ってくるくらいの話し方なので幼稚園でも人気の子となっているようです。

私にはそんなにお金がないので、お金があれば、二人にいろいろな習い事を一度させどれが好きかを自分たちできめさせ習わせてやりたい、そして私のように海外へ留学したり旅行をさせ異文化を見てほしい、体験して欲しいとおもっています。

あ~お金今すぐ欲しいと思う時はこんな世の中だから教育にはお金を賭けたいです。

「いざ」という時の取り置き分

お財布を忘れたけど、定期入れに1000円を入れておいたから何とか助かった!など、いざという時のためにお財布以外の場所へお金を入れておくことで、役立ったという話をときどき耳にしますが、なかなかそういう状況になるまで取り置き分を取っておくことができません。

「別の場所に取り置きしている」という状況をどうしても忘れることができずに、そこにあるお金を計算に入れて考えてしまいます。

またすごく欲しいものができたときのために500円玉貯金をしよう!と思ってこつこつ貯めていても、給料前でお金がなくなってくると、500円玉貯金があるから大丈夫。と思ってしまい、結局あてにしてしまいます。

これではいざという時に、何の役にも立たないし、お金もなかなか貯まりません。

この方法を成功させるためには、やはりすぐに取り出せないところに置いておくことが重要であると思います。

貯金箱は一度開けたら使えなくなるもの、予備のお金は面倒な鍵を開けないと取り出せないところに置いておくなどが考え付きます。

しかし、結局は面倒なこともお金のためにはやってしまうのだろうと思います。

自己解決で乗り切る給料日前の危機

給料日、支払日まであとわずかでお金がないときは飲み会を企画します。これで解決です。
支払の際の清算を自分がまとめてカードで支払えばいいのです。あとは周りの人から会費として現金を受け取ります。
これで一時的ですが、さらにあとで自分の首を絞めることになりますが、現金は手に入るので、とりあえず引き落としや急な振込みはやり過ごすことができます。
基本的にお金を返済するという行為が損をしている気分になり好きではないので、借金という解決方法はないものとします。
周りからの信頼も薄くなりますので。
あとは本当に少額の現金が必要な場合は自分のお財布の中をみて、プリペイドカードや商品券を探します。
プリペイドカードならデポジットで返金がありますし、商品券は金券ショップで現金にできます。
最近はSuicaやPasmoで支払いできるお店が多いので、コンビニに行きたいときはオートチャージの定期券でお買い物をして、現金を使わないでやり過ごしたりもします。

今すぐお金を借りるのならカードローンが便利です!

主婦であるからこそ使いにくいお金

会社員だった頃は、自分で稼いできたお金という事もあり、自分への投資というものは非常にしやすかった物です。ですが、結婚をして会社を退職し、主人から手渡されるお金をもとに様々な事を行わなければならなくなり、いつしか自分への投資もめっきり減ってしまいました。

特に美容院に行く時のことです。女性だからいろいろとやりたいことがあるのですが、会社員の頃はそんなに気にすることもなくいろいろとやっていたのですが、現在に至っては、美容院に行く前に「染めてもいい?」とかカット以外にやりたいことを主人に告げてお伺いを立てなければならないのが辛いです。

もちろん「いいよ」っと言ってくれるのはわかっているのですが、なんせ、自分のお金じゃありませんし、1000円2000円で済む話ではないのでやはりお伺いを立てずに行うことには抵抗があります。

主婦だからお金が使いにくいという事も多々あるのですが、逆にレディースデーなどお店でも行っているところも沢山あり、お買い物や映画などお得になるところも沢山あります。

私は仕事をしていない状態ですので、平日に開催される事が多いレディースデーを満喫する事が出来るのは特権かな?って思います。

生活費として渡されるお金を少しずつ貯めて、ある程度お金が貯まったら、頻繁にというわけにはいきませんが、こういったサービスを利用して満喫しています。平日の午前中はどこもガラガラですから、本当に良いなって思います。

☆ お金がほしいなら、今すぐ借り入れできるこのローン

お金を借りるのあんまり好きじゃないんですよね…

普通そうじゃないかとは思いますが、私個人としてはお金を借りるのはあまり好きではなく、なんのローンであってもお金を借りるのは
人生で最小限の金額にしたいなぁと思う部分が大きいです。

住宅ローンについては、普通は借りないと建てられないし、住めないし、賃貸料を払っていてはいつまでも建たないので、これはもう
諦めるよりない、ローンを組むよりほかに仕方ないと思いますが、教育資金やマイカーローンは、「貯めてから使いなよっ」とどうしても思ってしまいます。
家に比べれば少額で、貯めればなんとかなると思えてしまう金額だからでしょうね。

銀行は総量規制対象外だからと言って借りていると、あとで大変なことになりそうですし・・・・
(参考・・・総量規制対象外のローン~おすすめの銀行のカードローンはこちら♪

ローンというのはなにかと利息もかかるし、それが人生の中のお金の流れという、大きな観点から見たときに、経済的な損失になっている面は否めないと思います。
ローンを組めば組むほど、支払う利息は増え、「買った物」の金額以上のお金を支払わないといけなくなるということなので、基本的に
お金を借りてまでどうこうというのは自分も控えますし、ひとにすすめることもしたくはないな…と思ってはいます。

ドライブの休憩所としてコンビニを利用しています

私はドライブが好きなので休日になるとよく車を走らせに出かけます。ドライブをしていて困るのがトイレです。高速道路であればサービスエリアやパーキングエリアのトイレを利用することができます。しかし、一般公道にはそのようなトイレ設備のある休憩所はありません。

そんなとき利用できるのがコンビニエンスストアです。郊外にあるコンビニでは駐車場がとても広く確保されています。大型トラックが止められるほどの広さのある駐車場を持つコンビニもあるくらいです。ですから車がとても止めやすく、ドライブの休憩には最適です。

おそらく、そのようなコンビニはドライバーの休憩所として利用してもらうために設置されているのかも知れないと私は思っています。

また平日においても私はコンビニをよく利用します。コンビニを利用する目的のひとつは銀行のATMです。クレジットカードの引き落とし日が近づくと私は必ずコンビニのATMを利用して口座に現金を振り込んでいます。逆にたまにクレジットカードのキャッシングでお金を借りるのに使ったりもします。(汗;)

私が利用している口座では所定の回数までは手数料が無料なのでコンビのATMを利用しています。コンビニのATMを利用できるのはとても便利だといつも感じています。

患者の立場として看護師に求める事は

病院や専門医を訪れるのは何かしら体に変調があって不安になるものです。
治療のために通っている場合も、いつになったら良くなるのかという心配もありますし、まして入院となれば自宅以外の場所で過ごさなければならない孤独感などもあります。

そんな中、いろいろとお世話をしてくれる看護師さんは大きな存在となります。
看護師に求めるのはやはり明るさ、笑顔、患者が安心できる対応が第一ではないでしょうか。
看護師が明るく声をかけてくれる、体調について質問する時の柔らかな受け答え、こういったことが安心につながります。

それから医療行為中のミスだけは絶対に防いで欲しいと思います。
薬剤のミス、投与量のミスなど、患者にとって看護師は100%信頼して命を預けているのでミスだけはないようにしてもらいたいですね。

また優しいだけではなく、時には厳しい態度でアドバイスしてくれることも必要かもしれません。
治療が辛かったり食事制限などがあった場合など、患者となる自分はどうしても自分に甘くなってしまいますから、そういう時にピシっと戒めてくれる存在もやはり看護師に求めてしまうものです。

脱毛は面倒なもの

ワキや足などのムダ毛をシェーバーなどで剃ると、またすぐにムダ毛が生えてきます。

かといって脱毛ワックスやクリームなどを使うと、脱毛するのに時間がかかります。

剃るとすぐに生え、根元から抜くと時間がかかるといった風に脱毛というのは面倒なものだなといつも思います。

ただ私の場合は、時間がかかるほうがイヤなのでシェーバーで剃ることの方が多いです。

広範囲のムダ毛にはシェーバーはラクでいいのですが、たまに黒いポツポツとなってしまうことがあるのが困ったものです。